PDFLAND

古代インドの宇宙観

  • 古代インドの宇宙観
  • 難易度:ふつう

    ジャンル:キッズ

    古代のインド人が考え出したという宇宙観、あなたもどこかでご覧になったことがあるのではないでしょうか。

    「大地」というのは我々が住んでいるこの世界を表し、その中心に須弥山(しゅみせん)と呼ばれる高~い山がそびえています。その大地を3頭の「象」がささえています。更にその象は巨大な「亀」の背中に乗っており、その全体をこれまた巨大な「蛇」が取り囲んでいます。この蛇、本当は自らのしっぽをくわえていて、永遠の時間のようなものを表すそうですが、そのまま作るとあまりに大きくなりすぎてしまうので、今回は雰囲気だけお楽しみください。

    このPDFを開くには以下の動画の最後にでるパスワードが必要です。
    動画はこちら

    ペーパークラフトダウンロード
    ペーパークラフトのつくりかた